友達の紹介してくれたセフレ

セフレ出会い〜出会い確率93%超えの人気ランキング〜

友達の紹介してくれたセフレ

当時彼女がいなかった私に友人が女性を紹介してくれる事になりました。冗談で「セフレの出会いは求めているけど、彼女はいらない。」と言いました、友達はそれでもいいからと紹介してくれる事になりました。

 

当日は友達とその彼女、そして私に紹介してくれる女性と4人で飲む事になりました。現れたのは小柄ですが、男受けするタイプではなく、明らかに男性経験が無いだろうな、そんな27歳のOLでした。私の気持ちとしては、ちょっとタイプではなかったので友達だなと思っていました。その日はその子と連絡先を交換して終わりました。

 

後日、友達に彼女の事を聞かれたのですが、私の答えは「やっぱりセフレの出会いでしか見れないよ」とざっくばらんに答えました、すると友達「ならセフレでもいいからたまには遊んであげなよ、友達いなくて暇なんだって」との事でした。

 

下手に手をだすと友達との関係がギクシャクするのが嫌だったのですが、友達がそう言うなら、構わないと思って、その子に連絡をして会うことになりました。やはり男馴れしてないのか全然会話は弾みませんでした。正直つまらなかったです。その中でも今までの恋愛について聞いた所、案の定、今までカレシがいた事がないそうなのです。

 

失礼ながらも込み入った事まで聞くと手を繋いだ事もないそうなのです。その時に「じゃー俺が始めてでもいいかな?」と言っていきなり彼女の手を握りました。その後には謝りながら、少し気がある旨を伝えました。

 

それからは気軽に飲みに行く関係になり、彼女も私に好意を抱き始めていたようです。ある日ですが古典的な手を使いました。終電が過ぎても飲んでいたので、今日は何もしなから泊まっていこうと提案しました。その子が家へ断りの電話をして、ホテルへ行きました。そこで「彼女は欲しいけど、今は仕事で結果を出したいからそれまでは作らないんだ」と嘘をつきました。「でも、君が好きだ」と抱きしめて関係を持ちました。

 

それからは定期的に飲んだり、逢ったりしてますが、こちらが求めた時にはちゃんと受け入れてくれるセフレの関係になりました。多分その子は私とちゃんとした付き合いをしたかったけどそれを言ったらもう会ってくれないと思い言えなかったのだと思います。


ホーム サイトマップ